FAQ

よくある質問

①受講まで流れを教えて下さい。

​1.まずは無料見学から!
新台湾文化学院(中国語・台湾華語・台湾語)にご興味をお持ちの方はまずは無料見学にお申込み下さい。
お申し込み方法はお電話・E-MAIL・お申し込みフォームが​ございます。
2.無料見学に参加
開始の5分前までに「新台湾文化学院」へお越し下さい。
当教室の所在地についてはアクセスページでご確認下さい。
3.受講のお申込み
「新台湾文化学院」の無料見学にご納得いただけましたら、ご入会希望の旨をお知らせ下さい。

②無料見学について教えて下さい。

学院のご案内・ご相談・レベルチェックを約20分ほど実施いたします。

③無料見学に必要なものはありますか?

無料見学では、特に必要なものはありません、そのままお越し下さい。​

④無料見学を受けてから受講を検討したいのですが、すぐに入学しなくてもいいですか?

はい、全く問題ありません。
まずは当学院の雰囲気をご体験下さい。
無料見学を受けても入会を強制する様な事は絶対にありません。
また、後日電話などの入会勧誘などもございません。​

⑤中国語・台湾華語・台湾語の違いについて教えて下さい。

台湾華語とは、台湾の標準語のことです。
中国で使用されている標準中国語との違いは表記に繁体字を用いることです。
発音記号にピンイン(アルファベット A B C )ではなく、注音(ボポモフォㄅ ㄆ ㄇ)を用いることです。
台湾華語は、単純に中国の普通話を繁体字化しているわけではありません。(台湾の標準語)「國語」(グオウィー)」と(中国の標準語)「アメリカ英語とイギリス英語のように、言い回しが異なります。台湾人は台湾語の影響もあり舌を巻いて話すことを好みません。日本人にとって巻き舌発音が少ない、台湾華語は習得しやすいと言われています。各地方各国で話される中国語の中でも、台湾華語については、比較的標準的な発音に近い発音とも言われています。​

⑥中国語・台湾華語・台湾語は一度も勉強した事がありませんが大丈夫ですか?

全く問題ありません。
当校では、無理なく自然にその言語が身につくように考えられた独自の教授法で、レッスンを行います。
初心者の方も多数受講されておりますので、安心して受講して頂けます。

⑦おすすめのコースはありますか?

おすすめはマンツーマンレッスンです。お手頃な価格で効率よく学習が可能です。
他の生徒様に遠慮する必要もないので、自分のペースで確実にレベルアップできます。
少しレベルが上がってきたら、他の生徒様と一緒に【フリートーク】への参加もおすすめです。

⑧レッスン以外に予習や復習は必要ですか?

レッスンの前に、テキストに目を通しておくことも理解度を上げるためには大切です。
忙しくて予習に掛ける時間がない場合でも、習熟度を向上させるためにも復習することを心掛けて下さい。
そして疑問点は次のレッスンの際に講師にぶつけてみて下さい。​

⑨いつから始められますか?

その日からでも1ヶ月後でもご希望のタイミングで、いつからでも始められます。
マンツーマンレッスンが基本ですので、他の生徒様に合わせる必要はありません。

⑩どのくらいで話せるようになりますか?

例えば、台湾旅行での、簡単な会話ぐらいであれば
個人差はありますが、3ヶ月程度が目安となります。
習熟度は予習復習、レベル、レッスンの頻度によって異なりますので、
具体的にいつまでにどのレベルまで上達されたいのか、講師にご相談下さい。
期間やレッスンの頻度に合わせてアドバイスさせていただきます。​

⑪どれくらいレッスンを受講をすればいいでしょうか。

​​当学院のレッスンは集中力の持続しやすい40分となっています、
1日で2レッスンの受講をオススメしています。
1週間に1回以上レッスンを継続的に受講されると、自身のレベルアップも実感しやすくなると思います。

⑫途中でマンツーマンからセミプライベートレッスンの変更はできますか?

はい。残りチケットを換算し調整が可能です。
変更のご希望がございましたら講師にお気軽にお申し出下さい。​

⑬指定のテキストはありますか?

新台湾文化学院推奨のテキストはありますが、
個別に希望のテキストがあれば持ち込みで利用も可能です。
テキストの詳細はテキスト・試験のページでご確認いただけます。

⑭試験勉強について教えてください。

中国語・台湾華語には大きく3つの試験があります。

【1】TOCFL「華語文能力測験」
TOCFLは、台湾政府が主催している台湾華語の検定試験で、台湾で受けることができます。
日本の場合は日本台湾教育センター にて申し込むことができます。中国では受けられません。
華語文能力証明書は、以下の用途で使用することができます:
-「台湾奨学金」申請時の証明書。
-「海外聯招會」台湾の中国語による大学や教育機関申請。
- 台湾の高等教育機関で勉強している外国籍学生の中国語能力証明。
- 就職・転職時の台湾華語(中国語)能力証明。

【2】新HSK「漢語水平考試」
新HSKは、中国政府が主催している中国語の試験で、日本の企業でもHSKの成績を就職活動の際に求めることも
あるくらいメジャーな試験です。中国の大学へ進学する場合にも必要となります。
級別になっているため、就職・昇進の際の基準として提示しやすく、社員の中国語学習や中国語研修の効果測定を
容易に行える点や、学習者が中国語学習の過程で次の目標を立てやすく、学習意欲の喚起につながるという点が、
HSKを企業が採用する理由の一つとなっています。

【3】中国語検定
中国語検定とは、日本の英検にあたります。
日本の有識者を中心に開発した日本人向けの検定試験で、簡単な順に準4級~1級まで6段階あります。
中国語を始めたばかりの人には、レベル別に学習がしやすくお勧めですが、上位級になると慣用表現なども増えたり、
文学作品などを読み込まないと太刀打ちできず、時間のないビジネスマンには3級、あるいは2級までは適当ですが、
準1級、1級はかなりレベルが高い試験です。

⑮レッスンのキャンセルや変更はできますか?

キャンセル期限は、申込んだレッスン前日の 18:00 までとなります。
それを過ぎてからキャンセル・欠席されますと、一回分が消化されますのでご注意ください。
予約を変更する場合は、その後、新たに予約を取りなおしてください。

⑯授業料はいくらですか?

詳細は料金・時間割のページを確認下さい。
不明点があればお気軽にお問い合わせ下さい。

⑱チケット制ですか?

はい、新台湾文化学院はチケット制です。
目的・スケジュールに合わせてフレキシブルに調整ができます。

⑲チケットに期限はありますか?

はい、あります。
新台湾文化学院のチケットは他校より有効期限が長いので期限切れの心配も少ないですが
チケットを消化できるか心配な方は購入前に講師にご相談下さい。​

⑳支払い方法にはどのようなものがありますか?

①銀行口座への振り込み、または②現金のお支払いとなります。
銀行振込み先:
金融機関名 三菱東京UFJ銀行
支店名 府中支店
店番 225
預金種別 普通
口座番号 0698605
口座名義 新台湾文化合同会社
(シンタイワンブンカゴウドウカイシヤ)

✿銀行振込みの場合、手数料は生徒様ご負担となります。
✿お振込みが終わりましたら、E-MAILにてお知らせをお願い致します。

㉑授業料以外に費用は発生しますか。

テキストを購入する場合は別途費用が発生します。
生徒様でご準備の場合は、テキストの購入は必要ではありません。

㉒入学金は必要ですか。

入学金は不要です。
いつでもご希望のタイミングで最小限の費用でレッスンを開始できます。

㉓途中での解約はできますか?

​はい。契約の解除(クーリングオフ・中途解約)を行うことができます。
詳細については、ご入学前にご説明させていただきます。
お申し込み後、なんらかのご事情で通学が困難になられましたら、講師にご相談下さい。